~月末にかけてサイト改修中~

戦乱プリンセス攻略レビュー|エロシーンを見る方法

スマホで遊べるエロゲー「戦乱プリンセスG」の攻略レビュー。エロシーンを見る方法を紹介します。サンプルエロ画像もあるのでぜひ。

目次

戦乱プリンセスとは

戦乱プリンセスエロ画像
戦乱プリンセス初芽局

えっちな表情や肉感のイラストがすごい

戦乱プリンセスはイラストに力が入っており、えっちや絶頂時の表情が豊かなうえ、肌もしっかり肉感が感じられますよ。

エロシーンはプレイ前(静止画)→プレイ(アニメーション)→絶頂(静止画)→余韻(静止画)の構成が基本です。

Hアニメーションが滑らか

戦乱プリンセスはHアニメーションが滑らかでクォリティが高いです。ものによりますが、モザイクも比較的細かいので違和感は薄く感じます。

キャラは有名武将や忍者と歴史上の人物が中心です。同名のイラスト違いが多数あるので、めちゃくちゃ好きなキャラがいる人にとっては嬉しい限りです。

戦乱プリンセスの評価・おすすめ度

ゲーム性・やりこみ性 3
ゲーム開始・遊びやすさ 4
エロシーンの入手しやすさ 5
エロシーンのクォリティ 5
おすすめ度 5

戦乱プリンセスは、コンテンツが形式化されていて戦闘も基本スキップのポチポチゲームです。やりこむ要素は少ないですが、しばらくぶりに復帰しても戸惑うことが無いのは良いとも思います。

エロシーンもめんどくさいことをせずに入手しやすいうえ、キャラ自体も入手しやすいので、ログイン勢になって抜き用のエロシーンを集めるもよしって感じです。

あえて不満を言うなら、スタミナやアイテムを使い切ると無課金は何もできなくなる点と、埋もれがちな過去のカードを定期的に選んで入手できたら嬉しいですね。

スマホ版 PC版

エロシーンを見る方法

キャラを入手するだけで見れる!

戦乱プリンセスハート目
戦乱プリンセスエロシーン

戦乱プリンセスのエロシーンはキャラを入手するだけで楽しめます。お馴染みの限界突破をすればえっちの続きが見れますが、アニメーションはほぼ一緒なので集金的な部分で嫌な気分になりにくいです。

エロシーンはレア度ごとに違うのでエロアニメーションがあるSSR以上がお目当てですが、イラストだけのR、ボイス付きのSRでも魅力的なイラストが多いのがすごく評価できます(なんか好きな低レアいっぱいいる)。

イベントに参加しよう

戦乱プリンセス騎乗位
戦乱プリンセスまんぐり

キャラをガチャ以外で入手するには、イベントに参加するのが主流です。イベントの種類にもよりますが、討伐イベント(レイドボス)なら型落ちした昔のSSRがぽんぽん手に入るうえ、ちょっと頑張れば交換所で好きなキャラを選べたりします。

イベントには毎回特効キャラが登場しますが、無課金でもかなり入手しやすい珍しいゲームなので、特効キャラが引けた時はぜひともイベントを頑張ってみてください。

正直ログインするだけでOK

戦乱プリンセストロ顔
戦乱プリンセスアヘ顔

戦乱プリンセスはかなり太っ腹でして、こまめにログインするだけでエッチなキャラを配ってくれるんですよね。

毎日ログインすれば100%翌月の特効キャラがもらえたり、期間終了まで高レアだらけの特別なガチャから好きなキャラをキープしてゲットできるキープガチャがちょくちょくあったりと恵みの嵐です。

エロシーンは事前に確認できるよ

戦乱プリンセスエロ
戦乱プリンセスフタナリ

キャラごとのエロシーンは事前に該当コンテンツの報酬ページで確認できます。好きなキャラだけでなく、フタナリやハート目など性癖に刺さるような特殊なエロシーンがあるかもしれません。

ガチャを引く時もバナーにサンプルがあるほか、課金ガチャの交換所でもエロシーンを確認できるので、課金予定がなくてもエロ画像が楽しめますよ。

プラットフォーム・動作環境

  • FANZAGAMES(旧DMM)
  • <対応OS>

  • Windows 7/8/10

  • Mac OS 10.9.x 以降

  • <推奨ブラウザ>

  • Google Chrome 40以上

  • Firefox 38以上

  • Safari 7.x 以上

  • ※推奨端末以外でプレイした際の動作保証は対象外とさせて頂きます

無料プレイ・DLはこちらから

スマホ版 PC版
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

エロボイスとASMR大好きマン。毎日新作を2、3作品ペースで楽しんでいます。ASMR沼にはVOICE LOVERさんの「ぼっちくん」「ささやき庵」からなので7年くらい。サイトは2年でレビュー数は約300。作品の質が天井にぶち当たっているなぁと、2022年辺りから感じています。

目次